• かねと窯

    土味を活かしたシンプルで使いやすそうな器が揃います。こども用のうつわもたくさん制作されていて、くるまやうさぎなど可愛い作品は見て楽しいです。比較的軽く使いやすそうな器は日々の食卓で活躍しそうです。

    かねと窯 商品一覧はこちら

  • 丸八窯

    丹波焼らしい民芸調の趣ある器から、現代風の創作食器まで取り揃える窯元。清水久美子(母)と清水義久(息子)親子2代で作陶されています。使ってもらいやすい器づくりにこだわり土の温かみを感じられるのが魅力です。

    丸八窯 商品一覧はこちら

  • 丹久窯

    土をそのまま薪で焼いた焼締めの作品は、ひとつひとつの表情が実に豊かです。土味をそのままに味わえる作品は、毎日の生活の中で大切に使いたくなる器。薪窯ばかりの作品は、焼成に手間がかかりとても貴重です。

    丹久窯 商品一覧はこちら

  • 丹文窯

    丹波焼の数ある窯元の中でも歴史ある窯元です。4代目の大西雅文さんは、丹波の土の力強さを最大限に引き出し土の表情ある作品づくりが特徴です。表情豊かなうつわは使ってみると、とても手になじんで使いやすいです。

    丹文窯 商品一覧はこちら

  • 丹水窯

    「何気なく毎日手にとってしまう器を作りたい」と丹水窯の田中聡さんはいいます。決して主張しない使いやすい形のうつわは、こだわり抜いた粉引の質感とともに陶器らしい魅力にあふれています。

    丹水窯 商品一覧はこちら

  • 丹泉窯

    丹波の土の味を活かした作品から、軽やかな作品までいかにも使いやすそうなバリエーション豊かな作品が揃います。ちょっとモダンなフォルムでも日常生活に取り入れやすい作品たちです。

    丹泉窯 商品一覧はこちら

  • 俊彦窯(カマノツボ制作室)

    俊彦窯発。  俊彦窯5代目 シミズタケシ x サトコ が手掛ける制作ユニット。 日々の食卓のおいしい・楽しいにイロドリを添えるそんなうつわづくりを目指しています。

    俊彦窯(カマノツボ制作室) 商品一覧はこちら

  • 信凜窯

    優しく、そして見れば見るほど味わい深い彩色の釉薬が魅力の作家さんです。少し色気のあるような器のフォルムも美しく、毎日の丁寧な暮らしにそっと寄り添うような器です。

    信凜窯 商品一覧はこちら

  • 信水窯

    黒や赤茶などシンプルな色使いながら丹波の土の雰囲気を感じられる器が揃っています。商品のバリエーションも多く、お気に入りの使いやすい器を見つけられそう。毎日の生活にそっと温かみを添えてくれそうです。

    信水窯 商品一覧はこちら

  • 千代市陶房

    陶器でありながら、モダンでスタイリッシュな作風が楽しめる器が揃っています。スタッキングにもこだわり、収納性まで考えられた丁寧な器づくりも嬉しいポイントです。

    千代市陶房 商品一覧はこちら

  • 壺市

    力強さと丁寧な作風の市野元祥さんが手掛ける窯元。特に飯碗にはこだわりがあり、1つ1つ手づくりの温かみがあります。刷毛目の作風は土の荒々しい力強さを感じることができ、漆黒の発色は土の静かな秘めた力強さを感じることができます。

    壺市 商品一覧はこちら

  • 夢工房

    懐かしい民芸創作風の作品が多い窯元です。ちょっとゴツっとした土らしさを表現した作風からアジアンテイストのハーブティーカップや茶香炉まで、幅広い作品が揃います。

    夢工房 商品一覧はこちら

  • 市野伝市窯

    植木鉢を専門に作陶されている市野伝市窯。植木鉢に最適な陶器の特性を活かしているのはもちろん、丹波の土独特の表情が豊かな丹波産の植木鉢です。植え付ける植物がしっかりと映える陶器製の植木鉢は、あなたの生活に確かな潤いをもたらしてくれそうです。

    市野伝市窯 商品一覧はこちら

  • 市野悟窯(市野哲次)

    市野哲次さんの彩色線象嵌(さいしょくせんぞうがん)という独特の技法で描かれた器は他にはない魅力があります。ひとつひとつ丁寧に作られた器達はいつもと違った食卓を演出してくれそうですね。

    市野悟窯(市野哲次) 商品一覧はこちら

  • 延年窯

    漆を使った釉薬や温かみのある白の発色のうつわなど、伝統を踏まえながらも洗練された作風が魅力の窯元です。丁寧に作られた作品は、しっかりと伝統を踏まえた安心感が感じられます。

    延年窯 商品一覧はこちら

  • 昇陽窯

    丹波の土の質感を活かした独特の幾何学模様のような表現が魅力の昇陽窯3代目大上裕樹さん。ここでは裕樹さんの作品を中心に取り扱います。他にはない独特の技法で作られた作品は生活の中で大事に使いたくなる器達です。

    昇陽窯 商品一覧はこちら

  • 末晴窯(西端春奈)

    西端正さんと西端春奈さんの親子2代で作陶されている窯元。ここでは主に春奈さんの作品を中心に掲載しています。つばめや金魚、つばきなど和のモチーフを女性らしい感性で表現している作品はかわいさ満点。思わず手に取りたくなる器たちです。 ※ 在庫のお問い合わせたくさん頂いております。頑張って制作頂いておりますので、しばらくお待ち下さい。少しづつでも当ショップに分けてもらえるようお願いしております。楽しみにお越し頂いたお客様にご期待に添えないこと大変申し訳なく思っております。しばらくお待ちいただくことご了承いただけるのであれば、各商品ページのお問い合わせよりお問い合わせください。入荷次第ご連絡差し上げます。

    末晴窯(西端春奈) 商品一覧はこちら

  • 源右衛門窯

    水玉やしましまなど実に愛らしい作風が魅力の源右衛門窯の市野太郎さんの作品。どこかレトロ感ただようフォルムと色合いは、見ているだけで欲しくなるとても不思議な魅力を感じさせます。料理を載せることでさらに器の魅力が引き立ちます。 ※ 在庫のお問い合わせたくさん頂いております。頑張って制作頂いておりますので、しばらくお待ち下さい。少しづつでも当ショップに分けてもらえるようお願いしております。楽しみにお越し頂いたお客様にご期待に添えないこと大変申し訳なく思っております。しばらくお待ちいただくことご了承いただけるのであれば、各商品ページのお問い合わせよりお問い合わせください。入荷次第ご連絡差し上げます。

    源右衛門窯 商品一覧はこちら

  • 直作窯

    伝統の白丹波、黒丹波など丹波焼らしい作品が魅力の窯元です。土の表情を活かした力強い焼締めの作品もあり、決して磁器では表せない土らしい作風はあなたの生活にどこか温かみを感じさせてくれそうです。

    直作窯 商品一覧はこちら

  • 省三窯

    素朴で飽きのこない、ぬくもりのある作品を一つ一つ手作りしている省三窯。神戸ビエンナーレで大賞を受賞した若手有望作家の市野秀作さんを中心に味のある暖かみのある作品が特徴です。丹波焼の伝統を踏まえながらも新しい感覚で現代生活にマッチした器がそろっています。

    省三窯 商品一覧はこちら

  • 稲右衛門窯

    丹波の伝統を踏まえながらも、斬新な印象を感じられるカラフルな色使いが特徴的です。少しレトロさも感じるフォルムと色使いは丹波焼の懐の深さと可能性を感じます。飾っているだけでも様になり、実際に料理を盛って使ってみることでまた新しい表情を見せてくれる、そんな器が揃っています。 ●上中剛司作陶展 / 池袋 東武 / 6月14日(木) ~ 6月20日(水) 開催

    稲右衛門窯 商品一覧はこちら

  • 豪人窯

    その名の通り、豪快で力強い作風が持ち味の作家窯元です。力強い刷毛目の作品や黒の質感を出した器など、ひとつひとつの作風が豊か。料理を載せることでより作風が際立つ器ばかりです。

    豪人窯 商品一覧はこちら

  • 陶勝窯

    6代目市野勝さん、7代目市野勝磯さんが作陶されている窯元。ここでは7代目の勝磯さんの作品を中心に取り扱います。丹波の素朴な土の表情はそのままに、炭化やブルー彩の色味はモダンな印象を受けます。人柄そのままのやさしい雰囲気が魅力の器たちです。

    陶勝窯 商品一覧はこちら

  • 雅峰窯

    丹波の伝統を受け継ぎながら現代の生活にあう器作りに励んでおられる雅峰窯。現代のライフスタイルに対する高い感度と確かな技術に裏打ちされた表現技法で作られた作品は魅力たっぷり。生活空間を彩るうつわ達をぜひご覧ください。 ※ 在庫のお問い合わせたくさん頂いております。頑張って制作頂いておりますので、しばらくお待ち下さい。少しづつでも当ショップに分けてもらえるようお願いしております。楽しみにお越し頂いたお客様にご期待に添えないこと大変申し訳なく思っております。しばらくお待ちいただくことご了承いただけるのであれば、各商品ページのお問い合わせよりお問い合わせください。入荷次第ご連絡差し上げます。

    雅峰窯 商品一覧はこちら